Aspirin GradeA Class1 脳梗塞急性期・慢性期におけるアスピリンの効果

アスピリン関連ガイドライン 心筋梗塞・狭心症

脳梗塞急性期・慢性期におけるアスピリンの効果

各種ガイドラインにおけるアスピリンの推奨内容 世界の主要ガイドラインがアスピリンを推奨 しています。

心筋梗塞、狭心症などにおける抗血小板療法の推奨


 

病 名 ガイドライン 発表年 第 一 選 択
急性冠症候群診療ガイドライン(2018 年改訂版) 日本循環器学会など
9学会合同1)
2019年 ●初期投与(ACSが強く疑われる)
・アスピリン(162-200mg)を咀嚼して服用
●Primary PCI 時
・Primary PCI 施行前にアスピリン162-325 mg を咀嚼服用させる
・禁忌がないかぎり,無期限にアスピリン81-162 mg/ 日経口投与する
●二次予防
・禁忌がない患者に対してアスピリン(81-162mg/日)を生涯にわたり継続投与する
・ステント留置後は,アスピリン(81-162 mg /日)とクロピドグレル(75mg/ 日)またはプラスグレル(3.75 mg/日)を 6-12ヵ月間併用投与する
冠動脈疾患と
その他
動脈硬化性
疾患の二次予防
ガイドライン
米国心臓学会/
米国脳卒中協会2)
2011年 禁忌でない限り、すべての患者に75-162mgのアスピリンを投与
不安定狭心症
非ST上昇型梗塞
米国心臓学会/
米国心臓協会3)
2012年 できる限り早くアスピリンを投与し、その後永続投与侵襲的治療を行った場合、抗血小板薬の2剤投与
慢性安定
狭心症
米国心臓学会/
米国心臓協会4)
2007年 禁忌でない限り、すべての患者に75mg‐162mgのアスピリンを永続投与
冠インターベンション 米国心臓学会/
米国心臓協会/
心血管造影・
インターベンション
学会
5)
2011年 【PCI施行前】継続患者ではアスピリン75‐325mg、未投与患者では非腸溶錠アスピリン325㎎投与
【PCI施行後】アスピリンを永続投与

1) 急性冠症候群診療ガイドライン(2018年改訂版)
2) JACC. 58(23):2432-46(2011)
3) Circulation. 126:875-910(2012)
4) Circulation, 116: 2762-2772, 2007
5) Circulation, 124: e574-e651, 2011

【バイアスピリンの本邦で承認された用法及び用量】
狭心症(慢性安定狭心症,不安定狭心症),心筋梗塞,虚血性脳血管障害(一過性脳虚血発作(TIA),脳梗塞)における血栓・塞栓形成の抑制,冠動脈バイパス術(CABG)あるいは経皮経冠動脈形成術(PTCA)施行 後における血栓・塞栓形成の抑制に使用する場合通常,成人にはアスピリンとして100㎎を1日1回経口投与する。なお,症状により1回300㎎まで増量できる。