バイアスピリンinfo

安定狭心症に対する心血管イベント予防のための抗血小板療法 ‐四半世紀にわたり語り継がれるエビデンス‐

藤田医科大学ばんたね病院
循環器内科 准教授
石井 秀樹 先生

動画内で表示されるご所属は撮影当時のものです。

 

アスピリンが虚血性心疾患に対する抗血小板薬として承認されたのは、アメリカでは1985年、 日本では2000年のことですが、現在も狭心症や心筋梗塞など幅広い病態に使われています。
そこで今回は、「安定狭心症に対する心血管イベント予防のための抗血小板療法」をテーマに、 四半世紀にわたり語り継がれているエビデンスなどを、国内外のガイドラインに沿ってご解説いただきます。

(2018年8月公開)

Video title

YYMMDD Author/Uploaded by

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.