脂質異常症 A to Z - エキスパートに聞く!シリーズ

服薬アドヒアランスの重要性と配合剤のメリット

帝京大学医学部内科学講座 主任教授
塚本 和久 先生

 

 

CTTコラボレーションのメタ解析*から、脂質異常症治療薬の服用によるLDLコレステロール(LDL-C)値の低下量と主要血管イベントの低下率は直線的に相関すること、すなわち「The lower the better」であることが明らかにされ、積極的な脂質低下療法の重要性が提唱されています。ただし、この結果は臨床試験という厳格に服薬を管理された状況で達成されたものであり、実臨床でこの結果を再現するには、服薬アドヒアランスを高めることが重要です。
今回は、服薬アドヒアランスと心血管イベントの関連についてや、服薬アドヒアランスを高める方法について解説します。

 

*Baigent C, et al. Lancet 2005; 366(9493): 1267-78.

作成年月:2020年7月

 

Video title

YYMMDD Author/Uploaded by

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.