脂質異常症 A to Z - セイラの脂質異常症3分解説! 服薬アドヒアランス編

vol.4 服薬アドヒアランス向上のために何ができるか?

残薬問題やポリファーマシー、そして医療費の増加を解決するためには〇〇の介入が効果的であることが国内外で報告されています。〇〇の積極的な介入によって医療費の削減効果1)ばかりか、服薬アドヒアランスの改善によって死亡リスクが低下2)するという報告があります。

1)益山光一(研究者代表):医療保険財政への残薬の影響とその解消方策に関する研究 研究報告書. 平成27年度厚生労働科学研究費補助金(厚生労働科学特別研究事業), 2016.
2) Wu JY et al. BMJ 2006; 333(7567): 522

〇〇に入る言葉は? 答えはこちら↓

Video title

YYMMDD Author/Uploaded by

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.