Bayer Medical Dialogue Radiology

膵癌の病期診断・切除可能性評価の臨床的重要性とその実施方法について

演者①:がん研有明病院 肝・胆・膵外科 副医長:大庭 篤志 先生
演題名「膵癌の病期診断・切除可能性評価の臨床的意義 ~治療成績の観点から~

演者②:岐阜大学医学部附属病院 放射線科 講師:野田 佳史 先生
演題名「膵癌の画像診断 ~放射線科医の苦悩~」

2022年11月7日(月)実施

公開期間:2022年12月1日9:30~2022年12月16日9:30

Bayer Medical Dialogue Radiology

YYMMDD Author/Uploaded by

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

再生時間 1:28:27

MA-M_PRI-JP-0016-22-11