抗血小板療法

抗血小板療法とは

高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙などの危険因子により内皮細胞が障害され、白血球系の細胞である単球が侵入してマクロファージとなり、内膜でコレステロール(酸化LDL)を取り込んで内膜肥厚、アテローム(プラーク)の形成が起こる。これが動脈硬化の始まりである。

Video title

YYMMDD Author/Uploaded by

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.